mondo choco

外国語とのおつきあい

最近友人から紹介していただいたアメリカ人と、たびたびメールする機会が。
わかっているはずの簡単な英単語も、あれ?これでよかったっけと翻訳サイトにいくことたびたび。
学生時代以来の英作文だもんねw モタモタモタモタ時間がかかる。
とりあえずカタチになっても果たして意味通じてるのか気になるし。
でもとりあえず、外人の方からていねいなお返事がもらえたりするとホッとします。

イギリスにしばらく住んでおられた、日本人の方、いわく……
かっちりした英語だと相手はかまえる。
多少文法的には乱れていた方が、かえって親しみがわくと。
英語で文法正確に文章書く事は、ネイティブにとってもかなりレベルが高いことらしい。
なるほど。

broken Englishでも外国人はふつうに意味汲み取ってくれるらしい。
ようするにガンガン行く事が大切だと、おっしゃってました。

でも学校で習った英文法は無駄ではないゾと。欧米以外の国は会話重視で文法軽視しがちらしい。
こいつはデキるなとアピールできる手段を捨てるのはもったいない。
中長期的な国際競争力育成の観点からも、英文法教育はないがしろにすべきでないと。
なるほど。

英文法教育、否定しがちな私には、たいへん貴重なお話でした。
[PR]
by exvisio | 2010-04-11 01:46 | 英語のお勉強