mondo choco

カテゴリ:書について( 10 )

今月の臨書 My calligraphy this month

b0034471_204526.jpg


書道興味ありませんか〜
ケッコウ楽しいよ〜

Are you interested in Japanese calligraphy?
OK. So fun!
[PR]
by exvisio | 2010-03-28 20:06 | 書について

臨書

b0034471_0342883.jpg

b0034471_2512685.jpg


欧陽詢の九成宮、好きです。
古典は奥深い。
でも、書道は楽しい。
[PR]
by exvisio | 2010-02-06 00:41 | 書について

臨書

久しぶりにお習字しました。
手は動かんし。元気のない線。アカンな〜
臨書とは古典作品をお手本に、その通り書くこと。
絵画で言えば、模写というところですかね。
b0034471_0542052.jpg

[PR]
by exvisio | 2008-05-18 00:53 | 書について

風信帖あらわる

b0034471_20503489.jpg

連休最終日、東寺の春の名宝展に行ってきました。
お目当てはもちろん弘法大師空海の肉筆、風信帖。
黒山の人だかりは覚悟の上でしたが、アレレ〜
国宝風信帖の前は人影まばら。ラッキー!
おかげで30・40センチの距離でじっくり鑑賞できました。

ちなみに、この手紙は伝教大師最澄とのやりとり。
ということは当然最澄のお手紙があります。
久隔帖(キュウカクジョウ)です。奈良国立博物館にあるそうな。
こちらもいつかは現物見てみたいものです。
[PR]
by exvisio | 2005-05-05 20:45 | 書について

書道となかよくしたい理由(長文)

b0034471_16274176.jpg


書は果てしなく奥深い。東洋文化の神秘。
究極のビジュアルコミュニケーション(視覚伝達)なのかも?
以前まとめた記事です。


40歳を過ぎてから書道を始めて、もうすぐ2年になる。まさに四十の手習っていうところ。もちろん独学ではない。師匠は実の妹だ。彼女の書のキャリアは実に30年以上で、もちろん師範である。付け焼き刃では真似ができないすごい技を持つ達人がせっかく身近なところにいながら、教えてもらいたいという気になるまでにはかなり時間がかかってしまった。実はおふくろの方が2、3年先行していた。もう七十に手が届くかどうかのころに、自分の娘に弟子入りしたのだ。おふくろはすこぶる元気で、とても70代には見えず、そのありあまる活動意欲を書道に向けたらしい。書を楽しみながら、娘とのコミュニケーションを図るというかしこい選択はおふくろらしいと思ったものだ。でもそのころ私自身、書道をやりたいなんて、まだこれっぽっちも思っていなかった。さて何が私をその気にさせたのかな?

きっかけは初めて中国大陸、北京に行ったこと。2年ほど前にのべ2ヶ月ほど仕事するチャンスに恵まれた。中国のある学校の教科書を現地のグラフィックデザイナーといっしょに作る仕事だ。パソコンでつくるということなので、こちらも一応Power Bookを一ヶ月レンタルしたものを持ち込んだ。中華人民共和国のパソコンデザイン事情など全く知らないし、失礼ながらこれまで知りたいと思ったこともなかった。たぶん古いシステムで苦労してるんだろうなと正直考えていた。行ってみたらこの予想は見事はずれた。逆に教えられたことの方が多かったのだ。たとえば印刷の世界に限って言えば、中国ではWINDOWSによるハイエンドDTP(データからの高精細出力)が主流だ。当然フォントはTRUE TYPEだから安い。日本では最近WINDOWS DTPの可能性がいろいろ論じられているが、あちらではとっくの昔に技術的なことはクリアしている。そして自力でベースとなるソフトを開発し、発展させてきた歴史を知ってさらにショックを受けた。デジタルデザインといえば、欧米の情報にたよりっぱなしで何の疑問も抱かず、すぐお隣の国のことも知らなかった視野の狭さを痛感した。

おそるべし、大陸文化。中国5000年の伝統は、最新のデジタル技術の世界でも活かされていたのだ。中華料理ぐらいしか連想できなかった貧相なイメージとはこの際おさらばしなければと思った。

そもそも日本のグラフィックデザイン(ビジュアルコミュニケーション)の基本は文字(漢字)と紙。このどちらもが中国で大昔生み出された事をつい忘れがちだ。源流であり、先祖。そう思うと5000年の歴史に敬意の気持ちが沸いてくると同時に、先人たちの苦労の跡をのぞいてみたいという気持ちになった。

そう、文字へのこだわり。これは他の誰にも任せられないグラフィックデザイナーの仕事のおいしい部分であるはず。最近は道具が飛躍的に進化したこともあって、気の効いたビジュアル(2Dや3Dの静止画など)をつくれる人がずいぶん増えた。でもここに文字的要素(文章、タイトル、ロゴタイプなど)が入ってくると、とたんにバランスが崩れる場合が少なくない。いっきにシロウト臭くなってしまう。つまり文字的要素への観察力や造形力が弱いのだ。グラフィックデザインをDTPということばでくくってしまって、ソフト修得がメインになりがちな現状では、文字へのこだわりなどは、二の次三の次にならざるをえない実情が残念だ。そこで各社のデジタルフォントの比較、デジタルフォントとアナログ書体(写植)の比較観察などを手として考えるかもしれない。いままでの私だったらたぶんここまでしか考えられなかっただろう。でもここは一気に文字の上流、源流までさかのぼってみる手があるゾと気づかせてくれたのが中国との生の出会いだった。

明朝体だのゴシック体だの、仕事柄、書体にはいろいろお世話になってきたが、フォント、写植、活字以前をたどれば、これは書の世界に通じることはすぐわかる。そう中国なのだ!そう考えると、NHK教育番組で昔見た書聖、王羲之(おうぎし)や顔真卿(がんしんけい)の話がかすかによみがえってきた。さらに、そもそも日本独自のひらがなやカタカナはどんな背景でできあがってきたのか?「弘法も筆のあやまり」で、だれもが知ってる空海はだれに習ってそんなに書がうまくなったのか、ほんまに上手なの?すぐれた書とはいったい何?などなど疑問がどんどん沸いてきた。そんな知識も知りたいし、なにより自分で書いてみたいという気持ちが高まってきた。

私の人生第二の書道への目覚めだ。実は小学生の時、書道塾に3年ほど通ったことはある。きっかけは、なかよしの友達が行っていたからだ。先生の手本がすべてで、お題の意味なんか知ろうともしないし、古代中国に現代でもだれもが崇める書道のご先祖がいらっしゃったなどとは知るわけもない。でも今回はちょっと違う。単に字が上手になりたいだけだったら、こんな気分にはならなかっただろう。さいわい師範が身近にいることだし、実の親兄弟であ〜だ、こ〜だと気軽に習えるのもうれしい限りだ。

複製、修正、加工なんでもありのデジタルデザイン。かたやモノクロ2値の一発勝負、アナログの極致、書道。一見正反対のこれらの世界に相通ずるものを、自分なりに感じられたらなんて思いながら、ときどき楽しく墨をすっています。
[PR]
by exvisio | 2005-04-28 16:34 | 書について

春の手習い

b0034471_13141763.jpg
ひさしぶりにお習字しました。
でも手がうまく動いてくれんとです。
[PR]
by exvisio | 2005-04-23 13:11 | 書について

空海の真筆

b0034471_1651844.jpg

見れるらしい!ほんもの風信帖。今開催されている京都は東寺の春の特別展覧会。
地元京都では8年ぶりとか。しかも展覧会中とはいえ期間限定とは!
さすが国宝中の国宝。

およそ1200年前(平安時代初期)のお手紙。ひらがながまだない時代。
相手は、天台宗の開祖、最澄。唐から帰ったおふたりの生々しいやりとり。

書き出しの風信雲書は、風雲のような書信という意味とか。
ふつうの会話は日本語、手紙は中国語のバイリンガル!!!!

くわしくはココ
[PR]
by exvisio | 2005-04-14 16:24 | 書について

一番かっこいい文字

b0034471_2021685.jpg

これは世のすべての書道家が崇める、楷書の究則。つまり最高峰です。
中国、初唐に欧陽詢(おうよう・じゅん)という役人が太宗皇帝の命を受けて書きました。
九成宮醴泉銘(きゅうせいきゅう・れいせんめい)
全く無駄がありません。最高に引き締まっています。
東洋文化のレイアウトの極致か!
かのピカソはこれらを見て、感動し
「もし私が中国に生まれていたら、確実に書道家をめざしていたでしょう」と言わしめたとか。
ホントの話です。
深いぞ!いいぞ!東洋文化。
[PR]
by exvisio | 2004-12-07 20:24 | 書について

怪しい文字

b0034471_731858.jpg

こんなモンドな文字を一体誰が書かれたのでしょうか?
後にも先にも、日本人の心のふるさと、弘法大師空海ひとりです。
益田池碑銘(ますだがいけひめい)として後世に伝えられています。
奈良のタメ池の完成を記念して空海さまが揮毫(きごう)したとされています。
決して単に奇をてらったわけではないのです。
この文字は飛白体というものですが、当時中国では皇帝しか使えなかったもの。

ちなみに1200年前の804年、若き空海さまは真理を求めて入唐(にっとう)されました。
このときは名もなき坊さん。でも殺人的なハードスケジュールの中で目的を達成され、
中国の師匠から、一刻も早く日本に帰って教えを広めよと言われたそうな。

仏教だけでなく、いろんなものを持ちこんだ空海さま。
段取りもいいし、机の前に座って勉強するだけが学問ではないとも考えていた空海さま。
まさにデザイナー魂にあふれていると私は思います。
[PR]
by exvisio | 2004-11-24 08:14 | 書について

長体10号

b0034471_333553.jpg

これ、どう思います?
なにもそこまでひっぱらんでも?
私はしびれました。ズバリかっこいい!
もちろんねつ造したものではなく、実存の漢字です。
中国、戦国春秋時代だとか。漢の前、秦の前、周の後半。
今から軽く2000年以上もの昔、遊び心か神のお告げか…
こんな文字があったんですね〜。王の字なんか、もう電柱状態。
殷の甲骨文字からはじまったとされる漢字の意匠も、このころは部族ごとに多様に変化。
要するにバラバラマチマチ。これもある部族のものということです。
いくさドンパチな群雄割拠のそんな世を統一したのが、かの有名な秦の始皇帝。
さまざまな政策をシステム化するためには、文字がバラバラではアカンやろ!
ということで、有能な家臣にタイポグラフィさせ、今後はこれ以外を使うのはままならぬとなったわけです。
篆書(小篆)の誕生です。今でもハンコの書体として生き残っていますし、
その後の楷書の成立への源流となっていったわけです。
秦の始皇帝というと、暴君のイメージが先に立ちがちですが、
もし文字が統一されていなかったら、日本のひらがなも生まれなかったかも。
そんな空想も楽しいですね。文字の記憶を掘り起こす!興味は尽きません。
[PR]
by exvisio | 2004-11-09 03:56 | 書について