mondo choco

カテゴリ:キャラクター( 5 )

スーパージャイアンツ見参

b0034471_1421413.jpg

で、興味しんしんなオープニングの音楽とかは今のところナゾ。
うーむ、てごわい。
[PR]
by exvisio | 2008-06-28 12:48 | キャラクター

マイお宝レコード

b0034471_1758261.jpg

これは私が小学生の頃、オヤジがかってに買って来たレコード。
状況の記憶全くなし。しかしよく聞いたナ〜。60年代ちびっ子の心の栄養です。
月光仮面、七色仮面、少年探偵団、赤胴鈴之助……
柔らかい脳ミソ奥底に書き込まれちゃいました。みんなソラで唱えるのだ。
月光仮面のセンチメンタルセカンドバージョンなんて、もう重要無形文化財もの。

60年代。君たちのお父さんお母さんの目がキラキラしてた素敵な時代。
[PR]
by exvisio | 2005-01-24 18:18 | キャラクター

公害の権化

b0034471_19592824.jpg

ゴジラもとうとう定年退職されますね。
1954(昭和29年)から数々の作品で主役をはってこられたわけですが、
この「ゴジラ対ヘドラ」1971(昭和46年)は、かなり異色。他の作品とはぜんぜんテイストが違います。
一般的に怪獣映画というものに、湿気というか湿度感は感じないものですが、これは全く正反対。

ベトベト、グチャグチャ、ズルズル、ドロドロ、ベチョベチョ、ヌルヌル、これら不快形容詞群を全部きれいに受け止めるツワモノ。そう!あれだ、アレ!お掃除サボリっぱなしで久しぶりに流しの排水口をあけて、恐る恐る取り出したプラスチックごみ容器の哀れなお姿。もうこれ以上は言いません!

あと、化学の元素表を暗記するのに利用できるのではないかと思わせる不思議な挿入歌。
ノリノリPOP調なんだけど、もしこれを学芸会でクラス全員で合唱したら……というスゴイ光景を想像しちゃいました。でも公害という、当時としてはとても深刻なテーマですから、あまり茶化してはいけませんね。

ところでヘドラがあまりにも強すぎて、ゴジラもついに空を飛ぶ!その勇姿とは?
他にも見所いっぱい。見応えありすぎ、おなかいっぱい、思わずトイレに駆け込む?ハイモンドな一本です。
[PR]
by exvisio | 2004-12-13 21:03 | キャラクター

真打ち登場

b0034471_17312340.jpg

1960年(昭和35年)テレビ放送された東映SF特撮ヒーロー、ナショナルキッド。
日本で初めてテレビで空を飛んだキャラクターです。
そのSF度は、当時の月光仮面や七色仮面の比ではありませんでした。
地底、海中、宇宙を舞台に活躍する壮大なスケール。
コスチュームや、メカデザインの斬新さ。
ちなみにキッドのおじさんの武器、エロルヤ光線銃は
敵を軽くしびれさすことから、なんと巨大な円盤まで破壊できる万能光線銃なのですゾ。
原作者、脚本家、制作スタッフの方々の尋常ではないノリノリぶりがうかがえます。
実はこれを資金面でドンとサポートしたのが、スポンサーの松下電器。
当時のテレビ番組制作費相場の5倍とも10倍ともいわれる資金を提供したそうです。
たとえば、キッドのおじさんをピアノ線で吊るなんてヤボはせず、当時最先端のブルーバック合成。
お金かかります。
さすが世界の松下!ええもんつくるんやったらなんぼかかってもかまへんってことですかね。太っ腹です。
会社の名前がそのままキャラクターのネーミングなんだから、これ以上の宣伝効果はない!
エロルヤ光線銃なんか、デザインそのまま松下の懐中電灯で売り出し、
当時のちびっこは、ふろしき首にキッドごっこに狂喜乱舞したとか……

お見せしましたオープニングカットのイントロと主題歌がご紹介できないのが残念!
ズバリ、イカしてます。
当時私は4才。まだ家にテレビがなかったので、友達の家に毎週おじゃましてたっけ。
でも実は内容などはっきりおぼえていないんです。
でもこの主題歌だけはなぜか今でもソラで歌えます。

雲か、嵐か稲妻か  平和を愛するひとのため……
……ぼーくらのキッド、キッド、ナショナルキィーッド
[PR]
by exvisio | 2004-11-11 17:31 | キャラクター

ぼくらのヒーローシリーズ

b0034471_20432370.jpg

1960年代初頭にちびっこ熱狂、そしてもちろん私も夢中になったキャラクター第1弾!
七色仮面(なないろかめん)

マントは一応つけてますが、空は飛べません。宇宙にもいけません。
武器はというと、2丁拳銃だけ。でも得意技は七通りの変装。
チープかもしれませんが、その豪快な立ち回りに当時のちびっこは
しびれたのかもしれません。仮面をかぶったSFヒーロー&時代劇の乗り。
若芽のような意味不明の頭の3つのオブジェ、サイコー。
サングラスのような目もしぶい。

ちなみに、あの日本が世界に誇るアクションスター、千葉真一おじさんも
途中から七色仮面で主役はってるんですよ。

ネーミングがすごいな。
七色→レインボー→愛と希望

ちょっといじってみましょうか。

一色仮面→モノクロ・グレースケールかい?レイヤーマスクですな。
二色仮面→あんことクリームのもなかのイメージ。
三食仮面→赤青黄色の衣装をつけて、悪党たちと踊りだ〜す…平和です。
四色仮面→フルカラー印刷職人。忙しくて人のことなどかまってられんワ!
特色仮面→ガンコそう。戦う相手を選んでてはイカンゾ。
総天然色仮面→なんでもできるは、なんにもできん。
好色仮面→ヤバイ!出てこんでいい。

とけない謎をサラリとといて
デ〜ンデ〜ントロリコやっつけろ…
(七色仮面の主題歌より)

40年もたった今でもその呪文は謎のままです。
[PR]
by exvisio | 2004-11-07 22:01 | キャラクター