mondo choco

<   2005年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

アールデコJAPON

b0034471_15813100.jpg

日本のアールデコの聖地といえばここ。
東京目黒にあります。建物そのものがアールデコ。
昭和のはじめにとびきり粋な皇族様が建てられました。
分厚い大理石の階段、豪華絢爛西陣織のカーテン……
いまの時代じゃとてもできないものばかりとか。
入り口のラリックのレリーフも見物ですよ。
いろいろ調べて行ってみる価値ありますよ。
[PR]
by exvisio | 2005-01-27 02:14

唐揚げコンテンツ

マイサイトでニューコンテンツ、Fish&Tipsを始めました。
よろしく。ココ
[PR]
by exvisio | 2005-01-24 20:44

マイお宝レコード

b0034471_1758261.jpg

これは私が小学生の頃、オヤジがかってに買って来たレコード。
状況の記憶全くなし。しかしよく聞いたナ〜。60年代ちびっ子の心の栄養です。
月光仮面、七色仮面、少年探偵団、赤胴鈴之助……
柔らかい脳ミソ奥底に書き込まれちゃいました。みんなソラで唱えるのだ。
月光仮面のセンチメンタルセカンドバージョンなんて、もう重要無形文化財もの。

60年代。君たちのお父さんお母さんの目がキラキラしてた素敵な時代。
[PR]
by exvisio | 2005-01-24 18:18 | キャラクター

1968

b0034471_13475394.jpg

1968年。昭和43年。私は中学一年生。
ある日、課外授業ということで先生の先導の下、みんなで映画を見に行きました。
文部省推薦!”2001年宇宙の旅”
ロケットや宇宙ステーション、コンピュータ……未来絵巻に心おどりました。
でも、話のスジはまったくわかりません。あのどでかい板だけがトラウマに。

最近テレビでまた見ました。でもやっぱりスジはよくわからない。
そうね!スジのない映画もありなんや。映像叙事詩みたいな。理屈は抜き。

でも宇宙飛行士が最後にたどり着いたなぞの邸宅のシーン。
最強ホラー”シャイニング”のあの不気味なホテルの雰囲気とだぶりました。
キューブリック恐るべし!
[PR]
by exvisio | 2005-01-14 14:12 | おもいで

空想科学商品

b0034471_16163249.jpg

こんな一体型MACあったらいいなと思って、かってにデザインしてみました。
もちろんプロセッサーはG5。モニター20インチ。デュアルディスプレイ対応。光オーディオ入出力。
これで15万円だったら、君は買う?
[PR]
by exvisio | 2005-01-13 16:29 | ひとりごと

寿アップル

b0034471_14475816.jpg

2005のお年玉。出ました!New Mac
iPodで過去最高の利益を上げたAppleが、いよいよ本気でPCの牙城に切り込んできました。
PCの周辺機器をそのまま利用する戦略。やるやんApple!
ところでG5のi Macって売れているのでしょうか?
現物見ると、昔の賞状額みたいでルックス重々しい。開発陣の気持ちはわかるけどね。

とにかく選択肢がふえることはいいことだ。
[PR]
by exvisio | 2005-01-13 15:06 | ひとりごと

ロシアアヴァンギャルド

b0034471_044243.jpg

この開放感には全くしびれます。
1917年のロシア革命。王様は追放されて、社会主義国家に。
芸術家、デザイナーも新しい表現の模索に舞い上がってたんだろな〜
[PR]
by exvisio | 2005-01-13 00:58 | ご先祖さま

引くな!

映画大好き、映像マニアにプレゼント。
B級映画をバカにしてる?
今をときめく監督、俳優の下積み時代がここにあるんだゾ。
ア〜教えちゃった。

たとえばピータージャクソン。
指輪物語でアカデミー賞取って、今や押しも押されぬ大監督。
彼の処女作とは? “BAD TASTE" 不味い?悪趣味ってか?
近所のレンタルビデオでほこりかぶってましたけど、即借り。

いきなり脳ミソ、バーン!のグロシーン。
登場人物たくさんいるんだけど、女性がいない。なぜ?
ジャクソンさまは新聞社に勤めながら、映画界にデビューという野心をいだき
友達に協力してもらいました。会社の休みを利用し何年もかかって完成させたそうだ。
でもスプラッターではオナゴは引くね。納得。

巨匠といえども苦労してるんだな〜。

最低映画館
[PR]
by exvisio | 2005-01-11 20:50 | 気になるサイト

デザイナーの苦悩

b0034471_1449531.jpg

グラフィックデザイン大好きのみなさんにおすすめの一冊。
”戦争のグラフィズムー回想のFRONT”
多川精一著 平凡社 2500円

戦後日本の高度経済成長を力強く押し進めた、グラフィックデザインの若きリーダーたち。
彼らの師匠の系譜は?そう、戦中、戦前までさかのぼらなければなりません。
昭和初期から暗黒の太平洋戦争へと突き進んだ時代に、グラフィックデザインのトップランナーたちは
いったいどんなお仕事をしていたのか、興味ありませんか?

たとえば太平洋戦争真只中。日本の軍事力、国力を広く世界にアピールすべく贅沢な冊子が創刊しました。
軍部は優秀なデザイン頭脳を集め、お金にいとめをつけず当時最高の設備と材料を与えました。
対外宣伝冊子”Front"の誕生です。見開きA2に広がるダイナミックで斬新なレイアウト。
でもこれら写真合成などの手法が、ロシアアヴァンギャルドから影響を受けていたものだったとは!

時代の荒波にもまれながらも、したたかに生きた巨匠たちの物語です。

b0034471_15342788.jpg
b0034471_15344079.jpg

[PR]
by exvisio | 2005-01-11 15:30 | ご先祖さま

ご長寿玩具 from NAGOYA

b0034471_21574492.jpg

b0034471_23293685.jpg

科学教育玩具とな!実に40年ぶりの感動の再開です。
昭和30年代後半、私が小学生のころの必携必殺アイテム。
中は回るけど外は回らない、ふしぎなコマ。
たぶん当時の科学大好きロマン少年なら心躍らし、技を見せびらかしていたんだろうな〜

その後、MYコマはゆくえ不明。私の記憶の中からもほとんど消えていました。
ところが40年後、Appleの最新アプリ・Motionを立ち上げると!!!!!
そこに映し出されたものはまさしく、あの地球ゴマではありませんか。

遠い昔の親友に再会したような感覚。いっぺんに欲しくなりました。
いてもたってもいられません。ネットで即、調べました。まだ手に入るのか?

名古屋のタイガー商会と判明。私の生まれ故郷とはこれまたうれしいヨ!
いろいろ調べた結果、このメーカーただものではないこともわかりました。
地球ゴマの歴史はなんと80年だと!おもちゃとはいえ、その製作には
かなりの熟練技が必要で、もう精密機械のレベルだそうだ。海外にも輸出されている。
類似品もそうとう出回っているそうな。

直接電話すると、おじいさんがていねいに応対してくれて、注文をきいてくれました。
たぶんボスと見た。なかなか出てこなかったんだけど、取り扱いの注意や現在の
流通事情など、それはそれはくわしく説明してくれました。

ウルトラ職人集団。ビバ、名古屋パワー!
これからもがんばって、未来に生きる子供たちに夢を与えて下さい。
[PR]
by exvisio | 2005-01-10 15:33 | がんこなモノたち