mondo choco

<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

since 1968

b0034471_345543.jpg


おそるおそる42年ぶりに開封しました。
これは、中1のとき我が家にやってきたステレオのスピーカー。
中にはゴキブリの死骸が!そんなアホな……
でも想い出が思いっきりつまってます。
アンプはレトロ真空管タイプ。柔らかい音です。
なんと!まだ聞けます。

で、なぜ開けたか?
これを改造して、更なる心地よい音がでないもんかと。
失敗してもともと。
気分だけは長岡鉄男?w
[PR]
by exvisio | 2010-02-28 03:51 | オーディオ小僧

超軽量一眼

b0034471_1165160.jpg


レンズキャップみたいですが、レンズです。
とりあえずF64で撮れる!
[PR]
by exvisio | 2010-02-26 01:19 | カメラ小僧

更新

mySite : P&F Graphic labo 錆びまくりw
ほったらかしだもんね。

全面改装しようかと思う今日このごろ。

さて、どうしようかな?
Photoshopネタを音声、動画入りにしようか……
新しいネタもそこそこあるし……

もっとダイレクトに見る人とつながりたい。
そこがインターネットコミュニケーションの醍醐味だしね。

できるか、できないか、モンモン。
ここがアカンとか
もっとこうしてほしいとかの意見、お気軽にコメントくださいww
[PR]
by exvisio | 2010-02-19 21:47 | ひとりごと

色の奥行き

後退色と進出色。そう色立体視!
青系が奥に見え、たとえば赤は前に見える不思議。
パソコン画面とかでは、個人差が激しい。
そう言われればそうかなって言う人もいるし。
眼と脳で認識するから、あたりまえか。
ちょっといろいろ実験中。

赤のでしゃばり、青のおくゆかし。さらに強調するには……
モニター画面だけでは表現できない世界にモンモンw
[PR]
by exvisio | 2010-02-19 06:34 | ひとりごと

3D映像

流行ってますね。
家電メーカーは本腰を入れているし。

アバターも眼鏡で見たけど、すごい分ちょっと疲れるw
テンポも早いしね。

思ったんだけど、何気ない風景なんかを3Dで見てみたい。

眼鏡といえば、掛けるだけで100インチの世界が広がるってのが、昔ありましたっけ。
3Dと組み合わせて、復活しないのかなって……
[PR]
by exvisio | 2010-02-10 00:44 | ひとりごと

こころの試薬

牛の鈴音、見た。俳優はいない。
日々淡々と生きる事の重さがのしかかる。
爆発的に感動したわけではない。
が、清らかな水がじわじわと、ひからびた心にしみるようだ。

韓国の留学生から教えてもらった。
「牛骨塔」ということば。
牛を売って我が子を大学へ進学させる……
親の苦労を象徴することばらしい。

神戸シネモザイクでやってます。
JR神戸のうどんうまかった。
ダシが上品。麺がカシッとアルデンテw
はらわたにしみた。
250円w
[PR]
by exvisio | 2010-02-08 23:28 | ひとりごと

臨書

b0034471_0342883.jpg

b0034471_2512685.jpg


欧陽詢の九成宮、好きです。
古典は奥深い。
でも、書道は楽しい。
[PR]
by exvisio | 2010-02-06 00:41 | 書について

アバター

久しぶりに映画館大画面で。
専用眼鏡で3D。
たかが映像でここまで表現できることにアゼン!
夢を見てるようでした。
邦画もがんばれ!
[PR]
by exvisio | 2010-02-05 01:22 | ひとりごと

牛の鈴音

話題騒然のドキュメンタリー韓国映画。
たまたま雑誌の紹介記事で知った。
ナレーションなし。BGMなし。台詞はあるらしい。
映し出されるのは老牛と老夫妻の淡々とした日常と農村風景。
すでに昨年暮れ日本で公開。
近々神戸でも上映される模様。
ぜひ見たい!
[PR]
by exvisio | 2010-02-02 23:47

電子出版元年

いよいよ現実的になってきました。
とっくの昔から、あれこれ言われてましたけど
ぜんぜん盛り上がらなかった。

が、Amazonのkindleに続き、AppleのiPad登場。
やっぱり火付け役は欧米というのが残念だったりしてw

ただ本と言っても、いろいろある訳でして……
じっくりくつろぎながら読みたいものは、やっぱり紙には勝てない。
モバイルペーパーレスは、とりあえず教育関係で広がるのでは?

あと最新情報をサクッと見たい雑誌も向いてますね。

いずれにせよ、紙面(画面)におけるレイアウトデザインの良し悪しが
問われてくると思います。

文章の簡潔さ。キャッチコピー、見出しの的確さ。
書体の選択、大きさ、行間、字間へのこだわり。
余白の取り方。
写真の目利き、トリミングなどなど。

WEBデザインではおろそかにされがちだった要素が大切になってきます。

つまり、これまで地味だったDTP復権の予感!
[PR]
by exvisio | 2010-02-02 02:12